毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

型破り、でも効果ありそう?☆☆

著者の岩本能史さんは、ランニングクラブ「CLUB MY☆STAR」主催者としてランニング界では有名な人だ。ご自分でもウルトラマラソンなどを走り続けている。
前に紹介した『美脚RUN!』の著者・アン☆ドゥのおふたりがお世話になっていたそうで*1、対談が載っていた。それで岩本さんのお名前を覚えていたので、どんなに非常識なんだろう、と思って読んでみた。


確かに型破りだ。サブタイトルにもある9ヶ月で3時間13分台を達成したアイさんは確かにあらゆる意味で型破りのスピードランナーだが、メソッドもとにかく非常識。初心者に底の薄いシューズを履くよう指導したり、腕振りをわざとやや外側にしてみたり、カーボローディングは不要、と断言してみたり。ランニングの知識があればあるほど目を白黒させるのではないだろうか。


ただ、すべてにきちんと根拠がある。まだランニングがブームになる前からウルトラマラソンに挑戦し始めた著者が自分なりに積み重ねたノウハウや、ランナーを指導していて得た知識なので、説得力がある。
アイさんはマラソン経験や陸上経験はなかったがとても恵まれた資質の人だったので、誰もがこんな短期間にすごい記録を出せるわけではないが、この本に書かれたとおりにやれば目標タイムを達成するのも夢ではないと思う。


今のところマラソンは目指していない私が読んでも「?!」というところもあったが*2、マラソンに挑戦してみたい人にとっては価値ある1冊だと思う。目標タイム別の練習量やペース、いつ何をやるのかという指導が具体的でわかりやすい。個人的には、グラフがほとんど下向きになって楽しく続けられる体重測定・記録の方法が斬新で印象に残った。さっそくやってみようと思う。

走りたい人、これからマラソンに出たい人、記録を縮めたい人はぜひ読んでみてください。

*1:つまりこの本の通り練習すれば、やはり美脚になれるはず

*2:つまり“常識”とはちがう、ということですね