毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

戦国武将4タイプ、あなたはどれ?☆☆☆

【2015/07/13UP】
確かネットで紹介されていて、興味を持って図書館で借りて読んだ本。
テストで性格をタイプに分け、人間関係などを改善するしくみはたくさんあるが、何がすごいって戦国武将に分けてしまうところがすごい。

ものすごいインパクトで、楽しく読めた。


====
戦国武将4タイプとは、次の方々であります。

  1. 織田信長……単刀直入(Driver)
  2. 明智光秀……冷静沈着(Analytical)
  3. 徳川家康……和み重視(Amiable)
  4. 豊臣秀吉……ノリが命(Expressive)

※わかりやすい例としてお笑いBIG4が出ています

診断テストはシンプルで、16の質問に二択で答えるだけで、自分が4つのどのタイプに当てはまるかがわかる。
分ける二軸は
「思考表現度が高い←→低い」
「感情表現度が高い←→低い」
だ。

 

しかも、特筆すべきは質問が「すべて客観的な要素」*1ということだ。
つまり、会社などでやりにくい相手がどのタイプか自分で診断できるのだ。苦手な人に診断テストをお願いするのはむずかしいが、これならだいたいの見当がつくし、作戦も立てられる。

 

各タイプの特徴も解説があるが、面白いのは仕事の進め方やコミュニケーションの方法など、そのタイプがやってほしいこと、うれしくないことが明示されていることだ。「4人に著者がインタビューする」という、ちょっと変わった設定で話が進む。
もちろん武将として出てくるのではなく、豊臣くんは営業だったり、織田課長だったりと会社の一員として話しているので、最初は違和感があるが、それぞれの性格がうまく取り入れられていてわかりやすい。

 

私もそうだが、「相手も自分と同じように考えているに違いない」と思うとコミュニケーションに失敗しやすい。相手がどう考え、何をよしとしているのか、この本で知って対策を立てれば壁を破れそうだ。
人間関係に悩むすべての人におすすめです。

(参考)Yahoo!ニュースにおそらく同じと思われる診断テストがありました。興味のある方はどうぞ。
タイプ分け(簡易版)――Yahoo!ニュースビジネス
※タイプ名が違いますが、おそらく以下のようになるはず*2

私のアクション:身近な人に使ってみる
関連記事
読書日記:『人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』
※この4タイプもほぼ同じと思われます(徳川家康タイプ=理想型だけがちょっと違う?)
※この本のメモはありません

*1:「話す時に身振り手振りが多い」とか「たとえ話が得意」など

*2:私が勝手に判断しているので怪しいかも。心配な方はご自分で調べてみてください