毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

さらにくわしく知る印象派☆☆☆

Pen (ペン) 2010年 6/1号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ
先月紹介した『BRUTUS』と同じく、去年の“印象派イヤー”に合わせて出た特集だ。家族が借りてきた。


『BRUTUS』以上にくわしく、充実した内容で読みごたえがあった。モネやルノワールゴッホセザンヌといった特に著名が画家はそれぞれ数ページずつまとめられていて背景がよくわかった。
さらに、詳細な印象派展のデータや人物相関図、さらには誰がいつ頃どの街に住んでいたのかという地図まで。よくここまでまとめられたな、と感心するくらいくわしい。


この特集が特に素晴らしいのは、有名どころ以外の画家についてもきちんと触れられていることだ。アメリカの女流画家メアリー・カサットやマネのモデルとしてしか知らなかったモリゾ、自身が絵を描きながらパトロン的存在でもあったカイユボット*1など、初めて知ることが多く、面白かった。


印象派好きにはぜひ手元に置いておきたいバイブル、と言いたいところだが、残念ながら雑誌なのですでに完売している。
ぜひこれをムックか何かにまとめて出版してください、阪急コミュニケーションズさん。

もしお近くの図書館に置いてあったら、ぜひ読んでみてください。印象派の絵が身近な存在になります。
関連記事
読書日記:『BRUTUS(雑誌)2010年 6/15号』
読書日記:『齋藤孝のざっくり!美術史』

*1:彼の死後寄贈されたものが、オルセー美術館印象派コレクションのもとになっています