毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

不可能を可能にする強さ☆☆☆☆

神の肉体 清水宏保
吉井 妙子
新潮社(2002/04)
\1,365
齋藤先生の『読書力』『齋藤孝のおすすめブックナビ 絶対感動本50』で取り上げられていたので、興味を持って読んでみた。
久しぶりに良質のノンフィクションを読めたと思った。


スピードスケートの清水宏保選手は1998年、長野オリンピックの500メートルで金、1000メートルで銅メダルを獲得。2002年のソルトレイクオリンピックでは500メートルで銀メダルという戦績を残している*1
この、たった数行で終わる経歴の中に、すさまじいまでの努力と困難が詰まっていたことを、この本で初めて知った。

ソルトレイクで2位になった時、何も知らない私は当時「へぇ、金じゃなかったんだ」と思ったが、実は壮絶な痛みとの闘いがあったという。
長野後から長期取材を続けていた著者は、試合後にわかったことも含めて*2“その時何があったのか”を抑えた筆致で綴っている。実際は「金取れなかったんだ」ではなく、「これで銀が取れるなんて!」だったのだ。


長野オリンピック直後の清水選手の言葉が特に印象的だった。
「僕のアスリートとしての最終目的は、金メダルではないということが分かったんです」
「僕の目的は簡単に言うなら、自分の身体を通して人間の可能性を探りたいということなんです」
だから、著者が見学に行ってあまりの過酷さに涙が出た、というトレーニングも続けられたのだろうか。
レース直前に内臓を上に持ち上げ“収納”してしまう技や筋繊維の1本1本の状態まで把握できるなど、確かに超人的なエピソードも多いが、精神力も人間離れしている。過酷なトレーニングを続ける様子は修行僧のようだ。


著者が清水選手を追いかけたいと思った大きな理由は、自分で「ゾーン(またはフロー)状態*3」を作り出せる希有な選手だったからだ。ゾーンを体験した一流選手は多いが、それはある一定の条件が揃った時に起きるだけで、自ら作り出せる選手は他にいなかったという。
実際に、清水選手がどのようにゾーンに入るのか、そのプロセスも紹介されていて興味深い。

他にも、なぜ身長162センチと小柄な清水選手が2メートル近い欧米の選手に勝てるのか、その方法や考え方などは、競技は違ってもスポーツに取り組む人にはヒントになるのではないだろうか。

出た直後に読めればさらに楽しめたと思うが、今読んでも充分面白い。
スポーツをやっていなくても、アスリート本が好きな人にはおすすめです。
関連記事
読書日記:『斎藤孝のおすすめブックナビ 絶対感動本50』
読書日記:『読書力』

*1:トリノにも出場しているが、残念ながらふるわなかった

*2:清水選手はレース後の会見まで、自分の状態のことをチーム関係者以外一切話していなかったそうです

*3:くわしくはこちらをご覧ください→Wikipediaフロー