毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

悪い習慣をやめる方法☆☆☆

4902089181成功習慣
中井 隆栄
ユウメディア 2005-12-16
価格 ¥ 1,575

by G-Tools
私が参加を決めた6ヶ月セミナーを主催する中井隆栄さんの本。以前読んだ「セレンディピティ」の本と同じく優しい語り口調だが、内容は濃い。どこかで聞いたことがある話もたくさんあるし、中井さんの他の著書と重なる部分もあるが、やはり実際に成功されている人の考え方や習慣は説得力がある。

私がこの本で最も感銘を受けたのは

悪い習慣を変えるのは、新しい習慣だけである

ということば。習慣というのは「記憶の集積」なので、ただ消すということができないのだそうだ。消去するためには新しい記憶を上書きするしかない。なので、「悪い習慣をやめよう」という努力は意味がないらしい。知らなかった。とにかくどれだけいい習慣を身につけるか、無意識にできるように習慣化できるか、その方が大切なのだ。これからはそういう意識で「いい習慣」を身につけて行こうと思う。


以下は私のメモなので、興味のある方はどうぞ。

習慣の正体は記憶の集積

記憶はいったん脳の神経回路を形成して長期記憶になると、消えてなくなることはない。このため習慣を変えることは、人間にとって大変むずかしいことだ。
習慣を変える秘訣は、習慣を変えるのではなく、新しい習慣を作ることにある。

アファメーションは過去完了形?

成功体験を数多く経験している人は、願望実現のアファメーションは過去完了形で行うのが一番の早道。しかし、成功体験が少ない人や、何度もトライしているのにうまく行かないことにチャレンジする場合は、現在進行形にしてメンタルブロックの抵抗感を少なくする表現のほうがうまく行く場合がある。

どれだけ動いたかで人生が決まる

行動において大切なのは量であり、自らどれだけ動いたかで人生が変わってくる。逆に言えば、どれほど素晴らしい考えを持っていても、行動しないと夢はかたちにならない。

消去動作の方法

消去動作を使って気持ちをクリアリングすることにより、いったん頭を真っ白にしてスッキリさせてから、次の行動に移るとよい。

  1. 目を閉じる。
  2. 手のひらを自分の方に向けて両手を組む。
  3. 「あ〜スッキリした」と言いながら(声を出せない時は心の中で言う)
  4. 手のひらを裏返し、脇を締めて両腕を伸ばしてギュッと力を入れる。
  5. 脱力して両手を離す。