毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

最近の読書状況

【今読んでいる本】 【更新のお知らせ】 【2019年12月】 12/07読書日記:『アウトライン・プロセッシング入門』NEW【2020/06/12UP】

2020年6月に読んだ本

6月読めたのは6冊でした。「読んだあと実際にやってみる」に没頭すると、読書時間が減るジレンマ

『noteではじめる 新しいアウトプットの教室』メモ  

結論から書いてしまう(P59) 「読者は読み急いでいる」という言葉を念頭に置いておく。書き出しを迷った時は、最初の1段落、2段落くらいで書きたいことの結論を書いてしまい、「そのことについて説明します」と文章を進める。 書いてから天地をひっくり返して…

[読書日記]noteではじめる 新しいアウトプットの教室 ☆☆☆☆ 

noteは文章、写真、動画、音声とさまざまなものが扱える「全部入りプラットフォーム」

『岩田さん』メモ  

自分たちがすごく苦労したと思ってないのに、妙に評価してもらえる時(P45) というのは、放っておいても、どんどんいい結果が出て、いい環境になって、どんどん力が出ていく状態。それが自分たちに向いている得意なこと。そうじゃないことは向いてないことだ…

[読書日記]岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。☆☆☆☆ 

天才プログラマにして、敏腕経営者。元任天堂社長・岩田聡さんのことばが胸に染みます。

[読書日記]ずっとやりたかったことを、やりなさい。☆☆☆☆ 

12週間かけて「本来の自分」と「創造性」をとりもどすプログラム。カギはモーニング・ページとアーティスト・デート

『1週間で8割捨てる技術』メモ  

捨てるコツ 「1週間」に限定する 思い出の品を捨てるには 捨ててからが大切 捨てるコツ ■捨てるしかない 場所を移動させるだけの掃除では不十分で、モノを捨てなければ「 自分が主役の家」を取り戻すことは不可能 なのです (32)捨ててしまったモノには申し訳…

[読書日記]1週間で8割捨てる技術☆☆☆☆ 

持っているモノのうち、本当に必要なのは2割だけ。だから8割捨てる――ここにもパレートの法則が!

『 0秒で動け』メモ  

「行動できる人」=「仮説を持っている人」(P95) 実際の経験がなくても、さまざまな事象について「自分ごと」で考えて仮説を立てていくことができれば、すぐ動けるようになる。 「迷ったらワイルドな方を選べ」by宮坂学(ヤフー前社長)(P129) たとえば昼食…