毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

「かわいく書きたい!」から始めるバレットジャーナル☆☆☆

シンプルなのに驚くほどうまくいく!  バレットジャーナル活用術
ねこねこ
エムディエヌコーポレーション (2018/10/18)
¥ 1,512
※ [Kindle版] はこちら

シンプルなのに驚くほどうまくいく! バレットジャーナル活用術
エムディエヌコーポレーション(2018/10/24)
売り上げランキング: 34,797

バレットジャーナルの本は1冊読んだだけ。→『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
他の人の本も読んでみたいと思い、探した中で

  • まだシンプルに近いページ作り
  • 図書館であまり待たずに借りられる

の2点を満たしたこの本を借りてみた。

やはり私が求めるものとは少し違ったが、楽しく読めた。


◆目次◆
プロローグ
Chapter 1 バレットジャーナルのきほん
Chapter 2 バレットジャーナルの作り方、始め方
Chapter 3 バレットジャーナルの続け方、管理の仕方
Chapter 4 バレットジャーナルコレクションページ活用法
Chapter 5 バレットジャーナルすぐに使えるイラスト集


  • 「かわいいノートを作りたい!」から始める“正統派”バレットジャーナル
  • かわいく書くためのやり方がたくさん紹介されている
  • 各種ページのレイアウト(特にウィークリーTODO)例が豊富
著者・ねこねこさんはInstagramで人気の方で、これが初めての本だそう。
https://www.instagram.com/88necoco/?hl=jawww.instagram.com
もともと絵日記をUPされていて、ある時海外のきれいなノートを見たのがきっかけでバレットジャーナルを始めたそうだ。
スタートが「かわいいノートを作りたい!」というある意味“正統派”。


タイトルは「活用術」だが、メインはやはりいかに「かわいく/楽しくノートを書けるか」。
毎月の表紙を飾るエンブレムのようなマークの描き方やイラストをかわいく描くコツ、飾り罫のデザインなど今すぐまねできるものが多数載っているし、文字のアレンジはペン字のようになぞって練習できるようになっている親切設計。
ねこねこさんは色は多用されていないので*1、その分まだ見やすい。そこまで凝ったものは…という人でも、あまり抵抗なく見ることができる。


ウィークリーTODOページがさまざまなパターン紹介されているので(もちろんすべて手書き)、自分に合うタイプがどれなのか、いろいろ試せそうだ。
個人的に一番役に立ったのは、豊富なコレクションページの実例。家族の通院記録、旅行の持ち物リスト、毎日のニュースや天気を1ページにまとめて書くなど、こういうことも書いていいんだ、と新鮮だった。

Amazonやブクログのレビューでは評価が分かれていますが、基本の本を1冊読んでから、「どんな風に書くのか具体的なページが見たい」という人や、著者のように「とにかくかわいいノートが書きたい」という人にはおすすめです。
――私はこの本を読んでも、Marieさん式にシンプルに書くのは今後も変わりません。
私のアクション:「ニュースピックアップ」ページを作る♪
■レベル:破 

関連記事
読書日記:『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』


※この本のメモはありません

*1:人気のマイルドライナーは紹介されていますが、それ以外に色を使ったページは「その日の感情を色分けする」というコレクションページで色鉛筆を使っている程度。基本は黒1色