毎日「ゴキゲン♪」の法則

自分を成長させる読書日記。今の関心は習慣化、生産性、手帳・ノート術です。

「好きなこと」で稼ぐには「やり方」がある☆☆☆☆☆

「好き」を「お金」に変える心理学
メンタリストDaiGo
PHP研究所
売り上げランキング: 3,336
Kindle版は今のところありません
先に読んだ『自分を操る超集中力』が想像以上に面白かったので、DaiGoさんの他の本も読んでみたいと思っていたところ、この本の存在を知った。
さっそく借りて読んでみた。「もっと早く知りたかった!」と思う本だった。


◆目次◆
prologue あなたの人生の幸せには、どのくらい「お金」が必要ですか?
第1章 幸せを遠ざける、お金に関する不都合な三つの事実
第2章 「好きなこと」を極めるために大切なこと
第3章 お金を生み出す五つのチャンス
第4章 スキルを磨く再投資七つのルール
epilogue 改めて「お金」とは?「稼ぐこと」「使うこと」とは?

お金がグルグル回ってくる「無限ループ」を作りましょう、というのがこの本の趣旨。
その作り方を4つのステップに分けて教えてくれる。

 お金の無限ループとは、好きなことを選択し、そこにお金を集中して使っていると、あなたの稼ぎ方に磨きがかかり、結果的に収入が増えていくというサイクルのこと(P47)。

やはり、最初のステップは自分は何が好きなのかを特定すること。
「自分にとって何があれば幸せなのか」がはっきりわからないままお金を欲しがると、不幸になりやすいという。

日本人はお金の使い方について学ぶ機会がない。
バリバリ稼ぐ起業家のような人でも、稼げても使い方がよくわからないので、ひと晩に何百万も使うような浪費をしたりする。


そうならないために、どうすればいいのか。
まずは「お金」と「幸せ」のバランスを取る。自分はどのくらいあれば幸せな器なのかを知ることは大切だ。
例に挙げられていたのは、コーヒーのサイズ。スタバなどのショップでは、いろんなサイズを選べる。コーヒーなら自分に最適な量がわかっていて、自分の好みのサイズを注文できる。
ただ、これがお金になると大きい方がいいと思ってしまうので、問題が起きる。
コーヒーをジョッキになみなみと注がれるようなものだ。飲みきれないし胃もたれもする。
こんな風に、自分にとって最適な幸せのサイズも知っておくことが大切なのだ。


「お金は好きなこと、得意なことに集中的に投下する」というのも、重要なポイント。
お金を使うことが全部悪いのではなく、メリハリをつけて使えばいい、とDaiGoさんは言う。必要なところには惜しみなく使う=投資であり、いずれ帰ってくるお金になるからだ。

好きなことがわからない人には、あぶり出す方法も教えてくれる。

手元にメモ用紙などを用意して、そこに自分の人生で絶対に必要なものを三つ決めて、書き出してみましょう。
自分の人生にとってこれは欠かせない、これは必要だ、これがないとワクワクしないというものを三つ上げ、優先順位を決めて書く。その三つに関してはいくらお金を使ってもかまわないと考えます。
(中略)
そして、この三つが書き出せたら、次にかかる費用や実現するための計画を検討し、書き加えていくのです。
 その中に必ず「好きなこと」「得意なこと」が含まれています(P252)。


「フロー状態」についてくわしく教えてくれるのも、この本の素晴らしいところ。
DaiGoさんによれば「フロー状態にいる人は幸せ」なのだそうだ。そして、フロー状態は作り出せるという。「フロー状態を作り出すことで、『好きなもの』の扉が開く」ので、何が自分の好きなものかわからない、という人も、まずフロー状態をめざせばいいのだ。
「好きならフロー状態になりやすく、フロー状態に入れたものは好きになる」というのも、うれしい情報ではないだろうか。

自分の好きなもの・得意なものを探すのも、ふだんの仕事に「フロー状態」がないか、から入る。
フロー状態のチェックポイントは8つあり、ひとつかふたつ当てはまるだけでも、好きなことに結びつきやすいのだそうだ。


時間も「好きなこと」に集中させるために再配分する。ここにも80:20の法則が使われる*1
自分の「好き」を磨くための時間をいかに捻出するか、ていねいに解説されているので、参考になる。


個人的には、「STEP2」が足りなかったのだということがわかった。
「自分はこれがやりたい、これができます」と宣言すること。
そして、人との弱い結びつきを大切にすること。
チャンスは人が持ってきてくれるのだ。結びつきが強い家族や親しい友人だけでは広がっていかない。
苦手な分野なのだが、反省した。


先に読んだ本の時にも思ったが、DaiGoさんはとにかくたくさん本を読んでいることがよくわかる。
ありとあらゆる心理学のエッセンスが詰め込まれていて、これ1冊で何冊も読んだ価値がある。
私も読みたいと思っていた2冊からかなりくわしく紹介されていたのでありがたかった。

DaiGoさんはとにかく本を読みたい、読んだことで得られた知識を役立ててもらいたいというのが「好きなこと」で「得意なこと」。初めて知ったが、テレビに振り回されて一度メンタリストを引退されていたそうだ。
ここから自分の好きなことにこだわった結果*2が、今の活動(有料動画、コンサルティングや講演、本を書くなど。テレビは名刺代わりになるので時々出ている)につながっている。

ご自分の体験も書いてあって具体的でわかりやすいし、「本を読みたい」という欲求が同じなので、とても親近感を持ちながら読めた。


「好き」を「お金」に結びつけるのはむずかしい。ワクワクすることを重視するあまり、いきなり会社を辞めて食べていけない、ということも起こり得る。
この本は私が読んできた中でも、一番わかりやすく、実現しやすい方法を教えてくれる素晴らしい本だった。
好きなことで食べていきたい人は、ぜひ読んでみてください。

私のアクション:「お金を使いたい3つ」を決める♪
■レベル:守 

関連記事
読書日記:『自分を操る超集中力』


以下は私のメモなので、興味のある方はどうぞ。※メモに関してこちらをご覧ください。

お金の使い方には2種類ある(P25・30)

1.一時的な喜びが得られる単なる消費
2.将来、収入という形で戻ってくる可能性のある投資
(中略)
大切なのはふたつあるお金の使い方を知り、日々、自分にとって投資となる使い方を意識すること、お金の使い方について知ること。使ってこそ、増えていく使い方を身につけていくこと。

たくさん稼ぐ人が散在する理由(P28)

彼らは稼ぐ力を発揮するビジネスタイムにウィルパワー(意志決定力)をすべて使い切ってしまうので、オフタイムには誘惑に弱く、刹那的な判断しか下せなくなってしまう。

そこまでの額の消費、浪費ができるのは一部の人たちだけ。だが、あなたの周りでも同じメカニズムは働いている。

使った額以上のリターンが返ってくる条件とは(P32)

使い道があなたの好きなものであることがポイント。
自分の好きなこと、得意なこと、心から欲していることには惜しまずお金を使うことが大切。他人から見ると一見、もったいない消費や浪費に見えても、必ずあなたの中に知識や経験として残り、出ていったお金は将来より多くのお金を引き連れて帰ってきてくれる。

貯まったお金は、必要なところでは惜しまず使っていこう(P33)

メリハリをつけ、自ら選択した特定の場所に集中させること。節約や倹約は、そのための資金作りに役立てる。

DaiGoさんは常に「8:2」を意識している(P95)

作業全体の2割、仕事に取り組む時間の2割を未知のことに振り分けると、高いパフォーマンスを発揮できる。
フロー状態の定義では既知と未知は5:5が理想だが、現実には難しい。
8:2にできなくても、この意識を持っているだけで仕事全体の新鮮味が変わってくる。

それほど好きでないことでも、フローの積み重ねで「好き」に変わる(P101)

好きなことをしている時、人はフロー状態に入りやすくなる一方、フロー状態を体験したことは好きになりやすい。好きとフローは裏表で、フローに入るから好きになりやすく、好きだからフローに入りやすくなる。

「モラル・ライセシング」に注意する(P108)

※モラル・ライセシング=「正しいことをしたあとは、少し悪いことをしてもいい」と考え、誘惑に弱くなる性質のこと。
例)「朝からジムに行ってトレーニングをがんばったから、少しくらい甘いものを食べてもいい」
「さっき欲しかったバッグを我慢したのだから、夕食は少し奮発してもいい」
(中略)
この心の働きを知っているか、知らないかで、あなたのお金の使い方、稼ぎ方には大きな変化が生じる。モラル・ライセシング効果による誘惑に打ち勝ちたいのなら、「正しいからやる」ではなく、「楽しいからやる」ように考え方を変える。

「無限ループ」のための4つのステップ(P176)

STEP0:自分が「本当に好きなこと」を見つける
STEP1:「好きなこと」を極めていく
STEP2:「好きなこと」を収入に結びつけていくための工夫をする
STEP3:「好きなこと」で得たお金を再投資する

「無限ループ」のイメージは(P177)

同じ場所をくるくると回る、平面の円ではなく、螺旋階段のようにまわりながら上に上がっていくイメージ。
できれば、円の大きさは上に行けば行くほど、大きくなっていくと想像する。

好きなことで得たお金の再投資ルール7(P179)

1.物より経験を買う
2.価格<価値のあるものに使う
3.本に使う
4.自分より他人に使う
5.任せるチームを作るために使う
6.手間を減らし、時間を買うために使う
7.力が最大化する組み合わせに使う

「価格とは、何かを買う時に支払うもの。価値とは、何かを買う時に手に入れるもの」(P192)

byウォーレン・バフェット
高ければ高級ではなく、高いだけの価値を自分が得られるかどうかを考える。安いからお買い得ではなく、手に入れるだけの価値があるかどうかを考える。
再投資という意味で言えば、10万円の投資で10万円以上の価値を得られれば、そのお金の使い方は無駄ではない。一方、10万円を惜しく感じてしまい、投じるべき時に使わなければ、手もとにある10万円は減らないが、自分にとってそれだけの価値を生み出してくれない。

「お金を使ったら、それ以上のリターンを得る」ことを意識する(P193)

そして、どうしたらリターンを得られるかをいつも考える。
生活に必要な服を買う時、体験を得るための旅行に行く費用を出す時も、「この使ったお金を、少しでも回収できないだろうか」と考える癖をつけよう。自然とムダ遣いが減る。

「お金を使ったら、必ずリターンを得る」に加えて「お金を使ったら、それを必ず仕事に結びつける」意識を持つ(P197)

時間にも「80:20の法則を」(P229)

自分の使える時間のうち、20%を「好きなこと」「得意なこと」に投じるよう心がける。

20%の自分の時間を確実に手に入れる方法(P231)

あなたの1日の時間を大きく「しなくてもいいこと」「やらないといけないが、やりたくはないこと」「やりたいこと」の3つに分ける。
生活の中になんとなく紛れ込んでいるムダな習慣を見つけ、それを削る。
何か物事に取り組む時には「これは本当にしなくてはいけないことだろうか。しなくてもいいのではないか?」と自問自答する。
「しなくてもいいこと」だと判断した時には、お金を使ってでもばっさり切り捨てる。

「しなくてもいいこと」を削れたら、次は「やらないといけないが、やりたくないこと」を削る。
「やらないといけないが、やりたくないこと」については、早く済ませてしまうことが大切。お金を払ってアウトソーシングするか、どうすれば最短時間で終わらせることができるのか、知恵を絞って考えて、徹底的に効率化を図る。
最終的にめざすのは、「やらなくてはいけないが、やりたくないこと」を「やらなくていいこと」にしていくこと。

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目より(P249)

節約 他人または自分のためにならないことに金を使わないこと。すなわち、むだな金は使わないこと。
勤勉 時間を無駄にしないこと。有益な仕事に常に従事すること。必要のない行為はすべて切りすてること。
→「好きなことに打ち込むこと」(勤勉)「好きなこと、または他人のためにお金を使うこと」(節約)このふたつに、あなたにとって必要十分なお金の量である「富」を築くためのすべてが要約されている。
これが実践できれば「無限ループ」が回転し、「お金」と「幸せ」のバランスが取れた状態が始まる。

*1:本では「8:2」とも書かれています

*2:寝る、ジムに行く、猫と遊ぶ以外は全部本を読む時間にしたいくらいだそうです